子育て通信ガイド

余裕を持った子育てを

子供を持つことになれば、子育てに費用がどんどん必要になってきます。子供が幼いころには食事や衣類が主な出費です。0歳3歳ころまでは1カ月当たり4万円もあれば十分賄えます。子供の年齢が大きくなるにつれて教育費用が子育ての経費を占めるようになってきます。子育てに費用がかかるなと実感してくるのは幼稚園に入学する4歳ごろからと言われています。

幼い我が子に高いブランドの洋服を着させる親もいます。子供にとって高いブランドの洋服を着ることは嬉しいことではありますが、単に親のエゴに過ぎないような気もします。普段の洋服は汚れても大丈夫なもの、動きやすく吸収性の高いものが一番望ましいのです。どうしてもブランドの洋服を着せたい場合は、お勧めのお店があります。

幼いころの子供は大人と同じ3回の食事だけでは十分な栄養が取れにくいものです。食事の間におやつを食べさせて十分な栄養が摂取できるようにすることが大切です。幼いころから好き嫌いを作らないように、食事には気を使いたいものです。

子供に何をさせたいか、どのように育てていきたいかで子育て費用は大きく違ってきます。周囲の人たちのことなど気にせず、自分なりの子育て費用の掛け方を考えていけばいいのです。子育て費用を捻出するためには、家計の見直しも必要になってきます。収入を増やすべきか、現状維持で充分なのか。子育てにかかる費用を考えるついでに家計の支出を見直してみると良いです。

<特集>
子育ての悩み相談が出来るママ専用のコミュニティサイトです → → 子育て